東京大学 横山研究室 - YOKOYAMA LABOLATORY
新領域創成科学研究科 先端エネルギー工学専攻
工学系研究科 電気系工学専攻
工学部 電気電子工学科
  1. トップ
  2. 横山教授紹介

横山明彦教授

横山教授

横山 明彦
Akihiko Yokoyama
東京大学大学院 新領域創成科学研究科
先端エネルギー工学専攻 教授

経歴

1956年10月9日
大阪府に生まれる
1975年3月
灘高等学校卒業
1979年3月
東京大学工学部電気工学科卒業
1981年3月
同大学大学院工学系研究科電気工学専門課程修士課程修了
1984年3月
同大学大学院工学系研究科電気工学専門課程博士課程修了(工学博士)
1984年4月
同大学工学部電気工学科助手
1985年
同講師
1989年
同助教授
1995年
同大学大学院工学系研究科電気工学専攻に配置換
2000年9月
同教授
2008年4月
同大学大学院新領域創成科学科先端エネルギー工学専攻に配置換
1987年2月
〜1989年2月
テキサス大学アーリントン校客員研究員
1988年2月
〜12月
カリフォルニア大学バークレー校客員研究員

これまでの主な研究テーマ

所属学会

学会等における活動状況

担当講義

横山研究室ホームページへ

学生へのメッセージ

技術革新が進み複雑になった現代社会では、ブラックボックスになった基礎技術を使って、新たな技術を短期間で開発したり、新システムを構築、運用したりすることが多くなっていると思います。

当研究室においては、あえてこのブラックボックスの中身を自分で確かめながら、また自分で作りながら、時間はかかりますが、新しい技術を開発していくことをずっとポリシーとしています。

そして学生さんは、研究室を巣立つ頃には、何事にも自信をもってチャレンジすることのできる技術者、研究者になっています。

電気エネルギーの安定供給と地球環境問題の解決という公益的課題に興味がある学生は、ぜひ当研究室の門戸をたたいて下さい。